宗教もしもし相談室
宗教に関する各種の疑問やトラブルに対する電話相談室です。

自民党・憲法改正草案に対する意見書提出

6月16日 船田元憲法改正推進本部長に手交

 新日本宗教団体連合会(新宗連、保積秀胤理事長)は6月16日、「自由民主党・日本国憲法改正草案に対する意見書」を、船田元・自民党憲法改正推進本部長に提出した。意見書は、憲法の三大原理(国民主権・基本的人権の尊重・平和主義)の順守、基本的人権の根幹である「信教の自由」の保障を確固たるものとするために、立憲主義や「信教の自由」の保障と「政教分離原則」の堅持など、以下5点にわたり意見を提示している。
 @憲法に国民の義務を記さないことA「個人」を「人」と書き変えないことB「信教の自由」を保障し、「政教分離原則」を堅持することC「公益及び公の秩序」を憲法に盛り込まないことD平和主義を守ること
 意見書は、宮本惠司常務理事が16日午前、東京都千代田区永田町の衆議院第2議員会館の船田元議員事務所を訪れ、船田本部長に直接、手渡した。

2015/6/16

ページの先頭へ