宗教もしもし相談室
宗教に関する各種の疑問やトラブルに対する電話相談室です。

平和への巡礼U 第25次アジア青年平和使節団を派遣

 新日本宗教団体連合会と新日本宗教青年会連盟(新宗連青年会)は2月19から26日まで、「平和への巡礼U―第25次アジア青年平和使節団」をミャンマー連邦共和国とタイ王国に派遣した。
新宗連加盟の7教団(円応教・解脱会・善隣教・松緑神道大和山・大和教団・妙智會教団・立正佼成会)から23人が参加した。今回の使節団は、昨年5月25から28日まで沖縄の戦跡を巡り慰霊供養と平和祈願を行った「終戦70年―平和への巡礼T―沖縄平和使節団」に続くもの。
 使節団は2月19日、関西空港発でミャンマーとタイを訪問するAコース(11人)と、22日に羽田空港発でタイ・バンコクから合流するBコース(12人)の2班に分かれて実施した。
モーラミャイン・泰緬鉄道ミャンマー側起点・慰霊.JPG
 Aコースは21日、泰緬鉄道のミャンマー側起点であるタンビュザヤに移動。泰緬鉄道は先の大戦中、旧日本軍によって建設された軍事鉄道。過酷な突貫工事で連合軍捕虜や現地住民ら10万人以上が犠牲になったといわれる。
タンビュザヤでは同鉄道建設で亡くなったイギリス・オーストラリア、オランダ人捕虜が眠る連合軍墓地から、鉄道建設の犠牲者を追悼するため日本軍が建立したジャパンパゴタなどを参拝した後、今年1月にオープンしたばかりの泰緬鉄道博物館を見学、同敷地内に残されている記念碑前で犠牲者の慰霊と平和を祈念する式典を執り行った。
 参加者らは新宗連青年会が、ミャンマーを訪れるのは第4次使節団(1984年)以来32年ぶりだが、泰緬鉄道のミャンマー側起点を訪れたのは今回が初となった。
 22日午後には、バンコク市内のホテルでBコース参加者と合流。
 24日はカンチャナブリ県サイヨーク・ノイ・ナムトク国立公園内の泰緬鉄道が現存する最終地点近くの「ナムトクの丘」で、戦争犠牲者慰霊並びに世界平和祈念式典を厳修した。新宗連青年会が1974(昭和49)年同鉄道のタイ側現在最終地点に建立したサンプラプーン(タイ式供養塔、2010年改築)と周辺を、心を込めて清掃し、花や供物で荘厳した後、式典に臨んだ。新宗連青年会の岩渕委員長があいさつ。サンプラプーン建立の経緯を話し、先達に感謝するとともに、泰緬鉄道建設に従事して亡くなった御霊をはじめ、すべての戦争犠牲者の御霊に真心からの慰霊供養を捧げ、「『すべてのいのちを尊ぶ世界』の実現に向けて、世界の平和と人類の幸せを願い『絶対非戦』の誓いをもって、『祈りと行動』の精神を新たにさせていただきたく存じます」と式典への思いを語った。
 保積志胤・大和教団統理と根本昌廣・立正佼成会総務部宗教協力特任主席が献鶴、力久道臣・善隣教教主と庭野光・立正佼成会次代会長が代表で献花をした後、献香を行い、各教団の礼拝様式で戦争犠牲者に対して慰霊と供養の誠を捧げ、絶対非戦と世界平和への誓いを新たにした。

2016/3/5

ページの先頭へ