宗教もしもし相談室
宗教に関する各種の疑問やトラブルに対する電話相談室です。

新役員体制 決まる 第28期第3回評議員会・第29期第1回理事会

 新宗連は6月24日、東京・代々木の妙智會教団本部で第28期第3回評議員会と第29期第1回理事会を開催した。
 午後1時半から第28期第2回評議員会を開催し、平成27年度事業報告案と同決算案を原案通り承認。任期満了に伴う役員改選では、はじめに第29期・第30期の評議員について、役員等候補選考委員会の候補者提案を審議し、提案通り選任した。第29期理事及び監事については、選考委員会の候補者提案を審議し、提案通り選任した。理事21人が再任、新任は出居徳久修養団捧誠会総裁、北浦幸代祖神道教団理事の2人。
 午後3時から、第29期第1回の理事会を開催。はじめに第29期の理事長及び常務理事の選任を行い、選考委員会からの提案通り、保積秀胤理事長(大和教団教主)はじめ、宮本惠司(妙智會教団法嗣)、江口陽一(大法輪台意光妙教会理事長)、石倉寿一(大慧會教団次代会長)、川端健之(立正佼成会理事長)の4人の常務理事を再任した。保積理事長はあいさつで、宗教協力を基盤とした社会貢献活動の一層の推進を語った。
 引き続き、名誉会長、顧問が選任され、深田充啓名誉会長(円応教教主)、庭野日鑛顧問(立正佼成会会長)、新井三知夫顧問(救世真教顧問)、力久髏マ顧問(善隣教聖主)、岡野 聖法顧問(解脱会法主)がそれぞれ再任した。この後、日本宗教連盟役員の推薦、各委員会・機関の委員・幹事の委嘱等が行われた。

2016/7/8

ページの先頭へ